ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
86 / 1566 ツリー ←次へ | 前へ→

「1中跡地利用問題」を今後は分かり易く「宮本の1中跡地ころがし策謀」と呼びます! 戸田 18/6/3(日) 13:09

☆6/22本会議質問で文教質問とその後の実践も交えてビシッと追及!質問答弁の全文を 戸田 18/7/3(火) 1:28
▲売却増の変更案は議会多数の反対ですぐ粉砕!公明党が2人以上決断すれば!これ指摘 戸田 18/7/3(火) 3:06
△戸田の「6/19協議会議事録提供の6/25要求書」と市の6/26「渡します」回答文 戸田 18/7/4(水) 9:59
▲市が答弁用に作った「6/19内容メモ」がこれ!議事録出たら、この適否が判定できる 戸田 18/7/4(水) 11:25
△戸田一般質問の「Q&Aメモ」全文!▲土地転がし推進5議員と宮本との関係も問うて 戸田 18/7/5(木) 8:46

☆6/22本会議質問で文教質問とその後の実践も交えてビシッと追及!質問答弁の全文を
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 18/7/3(火) 1:28 -
  
 これはまだ紹介していなかったが、6/22本会議一般質問の
件名1:宮本市長が勝手な思いつきで1中跡地1万4400uのうち8600uもの土地を売却
    用地にして、当初計画を台無しにしようとしている問題について

での「戸田の前振りと質問」・「木村まちづくり部長答弁」・「答弁を受けての戸田の
指摘」の、原稿全文を以下に紹介する。本番ではこの通りに発言している。

 質問も鋭いが「前振り」・「指摘」の部分も切れ味抜群だ!
    ↓↓↓
=================================
  【この件での戸田の質問原稿全文】(時間計算記述もそのまま示す)

 13番、無所属・「革命21」の戸田です。答弁は全て西暦優先併記で願います。

件名1:宮本市長が勝手な思いつきで1中跡地1万4400uのうち8600uもの土地を売却
    用地にして、当初計画を台無しにしようとしている問題について  
                   ・・・0分25秒・・通算 0分25秒・・・

 この問題については、本日6/22午後開催の教育委員会議へのきちんとした情報伝達を見据えて、6/14文教こども委で詳細に追及質問を行ない、その質問と答弁の全文メモと解説を6/15(金)に緊急パンフにまとめて各教育委員自宅に速達発送し、

 かつ6/19の「幸福町・垣内町・中町・まちづくり協議会での市の計画変更説明」を焦点として、この緊急パンフを、6/15(金)に、開発計画に関係の深い光亜興産と幸福産業に持参し、光亜興産では役員1名と面談も行ない、

 6/16土曜日には、幸福商店街全てを含んで幸福町と垣内町で約350セットを各戸配布し、一昨日には私のHPにもアップして、大きな反響を呼んでいます。

 また、6/19の「まちづくり協議会」の議事内容メモや出欠一覧も、「議員への情報提供」として、私だけですが、急遽、市に要求して提出させました。
 それらを踏まえて、以下に質問していきます。
                  ・・・1分18秒・・通算 2分02秒・・・

Q1:古川橋駅北側・1中跡地に「生涯学習複合施設」と「大きな交流広場」を作り、
   この「2つそれぞれの施設の機能の魅力」と「2つの施設が組み合わされた景観」
  が、
   「今までになかった門真市のシンボルゾーン」の核心となって「賑わい交流」を作
  り出す、ということが、
   10年前から住民地権者、1中関係者、全議員賛同で進められてきた「全市的合意
  事項」である、と認定すべきだが、どうか。

Q2:宮本市長主導で、議会に秘密のうちに5/28庁議で市が決めた「変更案」は、貴重
  な市民財産である1中跡地1万4400uについて、
  「全市的合意」の従来計画の7000uより1600uも広い8600uもの土地を売却に供する
  ものだが、

   市はこういう変更について、「議会での同意採決は必要ない」と考えているのか?
   議会での同意採決を得ないで、地権者達にこの変更案説明をする事を合法だと考え
  ているのか? 

Q3:現状でこの変更案に賛成する議員は、緑風クラブの五味議員・大倉議員・今田議
  員・吉水議員の4人と、公明党の武田議員の計5人のように思えるが、
   それ以外に賛同する議員を見込めているのか?
                  ・・・1分27秒・・通算 3分29秒・・・

Q4:この「変更案」を「まちづくり協議会」で決定して事業推進した場合、
  これまで土地買収に応じた地権者から、「話が違う、騙された!」と反発されて裁判
  提訴される可能性があるが、
   提訴された場合の裁判費用は、「議会の同意採決も無し」で、一部の議員と宮本
  市長とその側近幹部だけで推進した事業変更であっても、
  「宮本市長一派の個人負担」ではなく「市全体の支出」になるのか?

Q5:この「計画変更」について、宮本市長は昨年に五味議員ら緑風クラブ議員や公明党
  の武田議員と、何らかの意見交換や意志疎通を図っているはずだがどうか。

Q6:市の「計画変更のゾーン図面」は、具体的には誰が、いつ作図したか。

Q7:6/19(火)の「幸福町・垣内町・中町・まちづくり協議会」で行なわれた「説明」、
  「質疑や意見」、「疑問や異論」、「決定事項や確認事項」について、詳しく紹介さ
  れたい。
                  ・・・1分01秒・・通算 4分30秒・・・

Q8:市の「変更案」では、
  従来計画にある
   「古川橋駅北側から『門真市では他に無い』広々とした駅前景観で生涯学習複合施
    設が見える」
  という、素晴らしい利点が無くなり、
   「駅そばのちょこっとした広場越しに生涯学習複合施設、その他は商業ビルや高層
    マンション」、
  という、
   「ありきたりな景観」に劣化してしまう。

   地元住民も1中関係者も同意して協力してきた
    「生涯学習複合施設と交流広場の2つの適切な組み合わせで、門真市内の駅そば
     にかつてない素敵な景観を作り、シンボルゾーンとして賑わいと交流を生み出
     す」
   というポリシーを投げ捨てて、
   これによる「賑わい交流産出」の努力をせずに、
    「いつ、何が出来るかさっぱり不明で、何か出来たとしてもいつでも撤退自由な
     『高層共同住宅・商業・サービス等ゾーン』を幸福町・垣内町地区のまちづく
     り計画の主役に祭り上げてしまう」、
  という「主客転倒」をしている。
 
  この私の批判について、何か間違いがあると思うのなら、具体的に反論されたい
            ・・・1分05秒・・通算 5分35秒・・・
             項目1の質問: 5分35秒・・・・・・残り14分25秒
===============================

 【木村佳英・まちづくり部長の答弁全文】

まず、{2017年9月議会で五味議員が、計画見直しを提起するまでは、10年前から住民、
   地権者、1中関係者、全議員賛同で進められてきた「全市的合意事項」であると
   認定すべき}
についてでありますが、
 幸福町・垣内町地区については、2009(平成21)年に策定した
   「門真市幸福町・中町まちづくり基本計画」の門真市の顔となる魅力的で質の高い
    「賑わい交流ゾーン」
として、
  様々な都市機能の集積・複合化を図り、
  広場等の交流アメニティ機能と近隣型の商業機能、公共施設機能等が一体となって
  魅力あるまちづくりを行う
ことについて、議会をはじめ、関係者の皆様の賛同を得て事業が推進されてきたものと
認識しております。

次に、{施設配置イメージの変更案は、議会での同意採決は必要ないと考えているのか}
について、でありますが、
  市有地の売却にあたっては、条例により一定面積以上の財産処分をする際に、議会の  議決をいただく必要がある
となっております。

 しかしながら、議会同意は処分の際となることから、
  財産処分を前提として地元説明するにあたり、議会へ変更案を説明させていただいたものです。

 次に、{施設配置イメージ変更案に賛成する議員は、緑風クラブの4人と公明党の武田
     議員の計5人ように思えるが、それ以外に賛同する議員を見込めているのか}について、でありますが、
 今後も事業の推進にあたっては、全ての議員の皆様からご協賛いただけるよう議会に対
して、引き続き、丁寧な説明に努めてまいります。

 次に、{施設配置イメージ変更案を地権者から反発された場合の裁判費用について}
でありますが、
 事業の推進にあたっては、引き続き、地権者をはじめ関係者の皆様にご理解いただけるよう、丁寧に説明しご理解を得てまいりますが、
 「提訴された場合」については、「市としての対応」となるものと認識しております。

 次に、{宮本市長は、昨年に五味議員ら緑風クラブ議員や公明党の武田議員と、何らか
     の意見交換や意志疎通を図っているはずだがどうか}
について、でありますが、
 特定の議員に関わることなく、日頃から、市政の各般に渡り、予算に関する要望書などをはじめ、様々なご意見を議会の場も含めていただいております。

 次に、{施設配置イメージ変更案は、具体的には誰が、いつ作図したかについて}
でありますが、
 幸福町・中町まちづくり基本計画での、
  「門真市の顔となる魅力的で質の高い「賑わい交流ゾーン」として様々な都市機能
   の集積・複合化」を図る
という考え方を変えることなく、
 市場調査を参考に、本年5月に、業者が作成したものではなく、
 地域整備課長及び課長補佐の指揮のもと地域整備課で作成をしております。

 次に、{6月19日に開催された「幸福町・垣内町・中町まちづくり協議会」の内容につ
     いて}
でありますが、
 報告事項として、本市より市場調査の概要及び施設配置イメージ案の変更について説明しました。

 主なご意見やご要望として
  「生涯学習複合施設が東側に配置されれば、垣内町と幸福町が分断されてしまう印象
   が強いので、敷地いっぱいに建設しないでほしい」、
  「垣内町から中町方面への歩行者動線を確保してほしい」、
  「駅前の一等地に交流広場は勿体ないので、北側の幸福町公園を拡張してはどうか」
  「交流広場が小さくなったことにより、一時避難ができる広さなのか」
などをいただいております。

 また、事務局より「まちづくり協議会としてのまちづくりコンセプト案」の説明がありました。

 次に、{施設配置イメージ変更案に対する議員ご指摘における見解について}
でありますが、
  当該地区は、駅前という交通の利便性や人の呼び込みなどの観点から、ポテンシャル
  は高いものの、民間活力の導入により実現するもの
である、と考えております。

 また、「急激な人口減少や松生町の民間開発など本市のまちづくりに関わる様々な状況
     の変化」
は、「民間市場においても、商業や住宅などの立地を検討する場合に大きく影響する」
ものと考えております。

 今回の施設配置イメージの変更案の策定は、幸福町・中町まちづくり基本計画の
  「門真市の顔となる魅力的で質の高い「賑わい交流ゾーン」として様々な都市機能の
   集積・複合化」を図る
という考え方は変えることなく、
  近年の民間市場におけるニーズを把握するために実施した市場調査を参考に取りまと
  めたもの
でありますので、よろしくご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
================================

 【答弁を受けての戸田の指摘】

 詭弁的答弁が続きましたが、
  「議会多数が反対する案でも地権者会議に、市の案として提出してよい」、
というのは絶対におかしい。

 私と共産党の4人、自民党は佐藤議長以外の3人、無所属の森議員、この合計9人に
公明党の2人以上が加わって、
 「議会過半数」の合計11人以上の議員が、すぐにでも「変更案絶対反対!」を表明す
  れば、
 そしてこの問題で臨時議会の開催を要求すれば、

市の変更案は完全に粉砕できます。
 それを指摘しつつ、次の質問に移ります。
              項目1の指摘:0分38秒・・・・・
              項目1の質問:5分35秒
              項目1合計: 6分13秒・・・・残り13分47秒
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-42-195-90.s42.a027.ap.plala.or.jp>

▲売却増の変更案は議会多数の反対ですぐ粉砕!公明党が2人以上決断すれば!これ指摘
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 18/7/3(火) 3:06 -
  
 本番原稿では「前振り」と「答弁への指摘」の部分で、「質問メモ」作成段階では無かった重大な事を、それぞれ述べている。
 そしてもちろん「質問」部分でも、「市民・地権者や議員達に対する重要な啓発と証拠づくり」を織り込んでいる。
 それらについて、以下に解説する。
    ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「前振り」部分で:
  ◆6/14文教こども委で詳細に追及質問を行なったのは、6/22本会議質問の土台だっ
   たばかりでははなく、「6/22午後開催の教育委員会議へのきちんとした情報伝達を
   見据えたもの」だった。
  ◆しかも「6/14文教こども委」終了直後から、
    ≪その質問と答弁の全文メモと解説を6/15(金)に緊急パンフにまとめて各教育委
     員自宅に速達発送する≫、
    ≪6/19の「幸福町・垣内町・中町・まちづくり協議会での市の計画変更説明」
     を焦点として、この緊急パンフを、6/15(金)に、開発計画に関係の深い光亜興
     産と幸福産業に持参し、光亜興産では役員1名と面談も行なう≫、
    ≪6/16土曜日には、幸福商店街全てを含んで幸福町と垣内町で約350セットを
     各戸配布し、戸田HPにもアップする≫

  ◆6/19の「まちづくり協議会」の議事内容メモや出欠一覧も、「議員への情報提供」
   として、急遽、市に要求して戸田に提出させる。

  ・・・という、「戸田の高度な情報戦術の実践」を議会で公表し、議事録に載せる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「答弁への指摘」の部分で:
  ▲答弁での「議会多数が反対する案でも、地権者会議に市の案として提出してよ
   い」、という市の姿勢に対して「絶対におかしい」、と指摘しつつ、

  ◆「1中跡地の売却部分を増大させ交流広場を大幅削減する」という「市の変更案」
   に対しては、(「全議員数21人」のうちで)
     ・戸田
     ・共産党4議員全員
     ・自民党の3議員(もうひとりの佐藤議員は議長のため採決に不参加)
     ・無所属の森議員
   の合計9人が「反対!」なのだから、(森議員も反対だよね!?)

   公明党7議員(最大会派!)で「宮本追随の武田議員」とその同調者がいても、
  ◆公明党の7議員のうち2人以上が「こんな変更案には反対だ」、と考えを決めれ
   ば、
  ★「議会過半数の合計11人以上の議員が反対」なのだから、宮本市長の「変更案」
   は市の変更案は完全に粉砕できる!

  ★この「11人以上の議員」が「変更案絶対反対!」を公式表明するとか、この問題
   で臨時議会の開催を要求するとかすれば、市の変更案は完全に粉砕できる!

 ・・・という「凄い事実」を突き出して、

  (1) 光亜興産ほか地権者に対して、
     「議会で反対多数で否決される事が明白な、市の変更案やそれに沿った
      『まちづくり協議会としてのまちづくりコンセプト案』を検討する事は
      無意味じゃないの??」
     と突き付けて、「新たな方向の検討」を求める。
 
  (2)公明党議員団に対して
     「あんたがた7人のうち2人以上が反対するだけで、宮本市長の理不尽な
      変更案を葬り去れるのに、
      7人全員が宮本市長追随して、この10年来の『全市的合意の計画』をブチ
      壊す市有地転がしに加担するの?!」
    と突き付けて、「良心的な判断」を迫る。

  ものである。
    さあ、どうする?!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「質問」部分で:
 <1>市の「変更案」の「改悪ポイント」を分かり易く解説する。

 <2>それに賛成して「1中跡地の土地転がし」に加担する(姿勢満々の)5議員の実
    名を挙げて、市民に公知する。
     ▲緑風クラブ4議員は「宮本市長に何でも賛成の側近与党」だから当然として
      も、「なぜか公明党の武田議員も変更案への加担姿勢満々」である異様さを
      突き出して、市民に考えてもらい、公明党議員団にも考えてもらう。

 <3>こんな変更案では、土地買収に応じた地権者から「話が違う、騙された!」と反
    発されて裁判提訴される可能性が大きいぞ!、と「裁判リスク」を指摘しつつ、

    「裁判提訴されたら、その費用負担は、こんな変更案を勝手に推進した『宮本一
     派』が負担するんじゃなくて、市全体で=市民の税金で負担させられるん
     や」、
    という実態を突き出す。

 <4>■「超最新情報」として、6/19(火)の「幸福町・垣内町・中町・まちづくり協議
    会」で行なわれた「説明」、「質疑や意見」、「疑問や異論」、「決定事項や
    確認事項」を答弁させる。

    ・・・・「この答弁にウソがあるかないか」は、近日中に作成される「6/19まち
        づくり協議会の議事録」(事務局の光亜興産が作成する)を見れば明ら
        かになる!  
         そしてその議事録は、6/25(月)に戸田が市に情報提供要求をして、
       「市が入手し次第、戸田議員に渡す」事を市に回答させている!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 戸田の議会質問はいつも「様々な狙い」を持って行なわれるが、今回のこの課題での質問では、議会質問本番の直前にも直後にも、「鋭い行動」を重ねている。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-42-195-90.s42.a027.ap.plala.or.jp>

△戸田の「6/19協議会議事録提供の6/25要求書」と市の6/26「渡します」回答文
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 18/7/4(水) 9:59 -
  
 「次々と事実究明していく戸田」は、6/22(金)本会議質問&教育委員会議傍聴を終えた週明けすぐの6/25(月)に、「明日の午後2時までに回答してね」として、
<「6/19まちづくり協議会の議事録」に関する質問と情報提供の申し入れ>を出した。
 それと市の6/20回答を以下に紹介する。
     ↓↓↓
================================

 「6/19まちづくり協議会の議事録」に関する質問と情報提供の申し入れ

門真市長 宮本一孝 殿
            2018年6月25日(月)午後 夕刻
                  門真市議 戸田ひさよし(無所属・「革命21」)

A:6/19(火)に開催された「幸福町・垣内町・中町・まちづくり協議会」の議事録に関す
る質問

 Q1:この議事録が完成するのはいつか? 作成するのは誰か?
 Q2:「6/19協議会」の音声記録は取られているか? 
 Q3:その「音声記録」は、どこに保管されているのか?

 Q4:門真市はこの「6/19協議会」にどういう立場・資格で参席したのか?
 Q5:門真市はこの「6/19協議会」で何をしたのか?

 Q6:この議事録は門真市にも渡されるはずだが、「渡されるのか、渡されないの
    か」、明言されたい。
 Q7:この議事録が門真市に渡されるのは、いつの見込みか?
 Q8:渡されるのは「紙ベース」のみか? それとも電子情報でも渡されるのか?   
 Q9:門真市がこの議事録を入手した後に、「議員からの情報提供要求」があれば、
   速やかに議員にこの議事録を渡すべきだ、と当職は考えるが、
    市は速やかに渡してくれるか? 

 Q10;もしも「この議事録を情報提供で議員に渡す事はできない」とすれば、
   その理由は何か?
    (そんな情報提供拒否は、行政として許されない事だと当職は考えるが。)
    
 ・・・・以上、いずれも簡単な質問なので、
    当職に対して、明日6/26(火)の午後2時までに、紙とメールで回答されたい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
B:議員としての情報提供要求

 1:6/19(火)に開催された「幸福町・垣内町・中町・まちづくり協議会」の議事録を、   市が入手し次第、
   速やかに当職に対して「紙ベース」および「電子情報」で提供されたい。
                                                                            以上
================================

  <市からの6/20(火)回答メール>

件名:「6/19まちづくり協議会の議事録」に関する質問と情報提供の申し入れについて
    (6/26(火)12:57)
本文:
 戸田議員 様
いつもお世話になっております。
 標記の件につきまして、ご回答させていただきます。
 なお、紙ベースにつきましては、連絡箱に投函させていただいておりますので、
ご確認の程、よろしくお願い申し上げます。
    ↓↓↓
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                        2018(平成30)年6月26日
 戸田議員 様   
                              まちづくり部

「6/19まちづくり協議会の議事録」に関する質問と情報提供の申し入れについて、
次のとおり回答いたします。

A:6/19(火)に開催された「幸福町・垣内町・中町・まちづくり協議会」の議事録に関す
  る質問

 Q1:この議事録が完成するのはいつか? 作成するのは誰か?

 A1:まちづくり協議会事務局が議事録を作成し、完成時期は未定です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 Q2:「6/19協議会」の音声記録は取られているか? 

 A2:まちづくり協議会事務局が音声記録されております。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Q3:その「音声記録」は、どこに保管されているのか?

 A3:まちづくり協議会事務局で保管されております。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Q4:門真市はこの「6/19協議会」にどういう立場・資格で参席したのか?

 A4:オブザーバーとして参加しました。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Q5:門真市はこの「6/19協議会」で何をしたのか?

 A5:地域整備課より、市場調査の概要及び施設配置イメージ変更案を説明しました。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Q6:この議事録は門真市にも渡されるはずだが、「渡されるのか、渡されないの
    か」、明言されたい。

 A6;いただく予定です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Q7:この議事録が門真市に渡されるのは、いつの見込みか?

 A7:まちづくり協議会事務局が作成できしだい、いただく予定です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Q8:渡されるのは「紙ベース」のみか? それとも電子情報でも渡されるのか?

 A8:紙ベースでいただく予定です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   
 Q9:門真市がこの議事録を入手した後に、「議員からの情報提供要求」があれば、
  速やかに議員にこの議事録を渡すべきだ、と当職は考えるが、
   市は速やかに渡してくれるか?

 A9:議長、事務局、市以外の各委員の発言者名は黒塗りして情報提供させていただき
    たいと考えております。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Q10;もしも「この議事録を情報提供で議員に渡す事はできない」とすれば、
   その理由は何か?
    (そんな情報提供拒否は、行政として許されない事だと当職は考えるが。)

 A10:A9のとおりです。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まちづくり部地域整備課  長光俊幸
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i121-115-185-222.s42.a027.ap.plala.or.jp>

▲市が答弁用に作った「6/19内容メモ」がこれ!議事録出たら、この適否が判定できる
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 18/7/4(水) 11:25 -
  
 戸田の6/22(金)本会議質問の

Q7:6/19(火)の「幸福町・垣内町・中町・まちづくり協議会」で行なわれた「説明」、
  「質疑や意見」、「疑問や異論」、「決定事項や確認事項」について、詳しく紹介さ
  れたい。

への「答弁の基」として、質問前日の6/21(木)の夜になってやっと戸田に渡されたのが
この「6/19まちづくり協議会の概要メモ」だ。

 6/19現場では、市職員がバシッと「市としての記録作成」をしていたはずだから、
そこで出された意見や要望の概要メモを「本会議質問準備メモに対する回答メモ」とし
作って渡すのに、なんで6/21夜まで(?!)かかったのか、非常に疑問ではある。

 担当職員はしきりに「特別職の決済がまででして・・・」、と言っていたが、
「アベ政治のミニチュア版の宮本市政」のことだから、「内容のねじ曲げ」とか
「重要な発言を隠す」なんていう「工夫」をするのに時間がかかったんではないか、
・・・・という疑問も生じる。

■ま、「正しくまとめた概要メモだったのかどうか」は、「正式な議事録」を提供され
 た時に、その内容を比べればすぐに分かる事だ。
 とりあえず、市が6/21(木)の夜になってやっと戸田に渡した「概要メモ」を紹介する。
    ↓↓↓
=================================

<第七回門真市幸福町・垣内町・中町まちづくり協議会における施設配置イメージ案の
  変更に対する主な要望・意見(未定稿)>

6月19 日14 時〜 ANEX 紫山にて

門真市より説明した事項
・「市場調査の概要」
・「幸福町・垣内町地区について」&#12316;施設配置イメージ案の変更及び市有地活用の方向性
  について&#12316;

説明に対する主な要望・意見(戸田注:整理番号は戸田が付けたもの)

(1)ゾーニングのオレンジ色(商業・居住等ゾーン)とピンク色(商業優先ゾーン)の
  部分は何になるのか

(2)現在、古川橋本通り商店街においては、建物が無い部分があり歯抜け状態であるの
  でそのままでは困る

(3)垣内町側に生涯学習複合施設が配置されることにより壁になり分断されてしまう
  印象なので、空地などを設け空間を確保することや敷地いっぱいに建設しないよう
  な条件としてほしい

(4)垣内の住民は中町の方面に行くとき迂回しないといけないので西側にいけるよう動線
  にしてほしい

(5)交流広場が少なくなったことにより防災面において、周辺の幸福町や垣内町の人が
  災害時に一時避難が可能な面積を確保できているのか

(6)生涯学習複合施設建設により寿命院の木が駅から見えなくなる可能性がある

(7)駅前の一等地に交流広場は勿体ないので、幸福町公園を拡張して避難場所を確保する
  べき

(8)市有地を売却すれば、売却先(民間)の言いなりとならなか

(9)生涯学習複合施設の予算の確保はできているのか
==================================

▲この概要メモに基づいて市が行なった答弁は以下の通り。
 (果たして「6/19協議会での協議内容」を正しく反映しているか?)
    ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 次に、{6月19日に開催された「幸福町・垣内町・中町まちづくり協議会」の内容に
     ついて}
でありますが、
 報告事項として、本市より市場調査の概要及び施設配置イメージ案の変更について説明しました。

 主なご意見やご要望として
  「生涯学習複合施設が東側に配置されれば、垣内町と幸福町が分断されてしまう印象
   が強いので、敷地いっぱいに建設しないでほしい」、
  「垣内町から中町方面への歩行者動線を確保してほしい」、
  「駅前の一等地に交流広場は勿体ないので、北側の幸福町公園を拡張してはどうか」
  「交流広場が小さくなったことにより、一時避難ができる広さなのか」
などをいただいております。

 また、事務局より「まちづくり協議会としてのまちづくりコンセプト案」の説明がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i121-115-185-222.s42.a027.ap.plala.or.jp>

△戸田一般質問の「Q&Aメモ」全文!▲土地転がし推進5議員と宮本との関係も問うて
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 18/7/5(木) 8:46 -
  
 「件名ごとの質問答弁」とはいえ、「質問全文」を読んでから「答弁全文」を読んでも
なかなか頭に入りにくい。

 そこで、戸田と市側の「答弁協議」によって作られた
【戸田の質問メモに対する市の答弁メモ】
   ↓↓↓
■件名1:1中跡地転がし問題:質問&答弁の全メモ!(6/22本会議一般質問)
    http://www.hige-toda.com/_mado05/2018/6img/1tyuuatotikorogasi.pdf

を全文紹介する。
 これだと「Q&A方式」だから、読んでいて分かり易い。
 そして、6/22本会議一般質問ではこの通りのやり取りされている。

 ◎6月議会特集 http://www.hige-toda.com/_mado05/2018/6gikai.htm
 ◎1中跡地利用問題特集
   http://www.hige-toda.com/_mado04/1atotimonndai/1atotimonndai.html
 に6/20にアップしている。
   ↓↓↓
================================

【戸田の質問メモに対する市の答弁メモ】
               (6/22本会議一般質問ではこの通りのやり取りに)

≪件名1:宮本市長が勝手な思いつきで1中跡地1万4400uのうち8600uもの土地を売却
     用地にして当初計画を台無しにしようとしている問題について≫ 

Q1:古川橋駅北側・1中跡地に「生涯学習複合施設」と「大きな交流広場」をつくり、
  この「2つそれぞれの施設の機能の魅力」と「2つの施設が組み合わされた景観」
  が
    「今までになかった門真市のシンボルゾーン」の核心となって
    「賑わい交流」をつくりだす、
  ということが、
   10年前から住民地権者、1中関係者、全議員賛同で進められてきた「全市的合意
    事項」である、
  と認定すべきだが、どうか。
 
   少なくとも2017年9月議会で五味議員が、計画見直しを提起するまでは、
  それが「全市的合意事項」である、と認定すべきだが、どうか。

A1:幸福町・垣内町地区については、
   2009(平成21)年に策定した「門真市幸福町・中町まちづくり基本計画」の
     門真市の顔となる魅力的で質の高い「賑わい交流ゾーン」
  として、
   様々な都市機能の集積・複合化を図り、広場等の交流アメニティ機能と近隣型の
   商業機能、公共施設機能等が一体となって魅力あるまちづくりを行う

  ことについて、
    議会をはじめ、議会をはじめ関係者の皆様の賛同を得て事業が推進されてきた
    もの、
  認識しております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q2:5/28庁議で市が決めた「変更案」は、
  貴重な市民財産である1中跡地1万4400uについて、
    全市的合意の従来計画の7000uより1600uも広い8600uもの土地を売却に供する
    もの
  だが、
  市はこういう変更について、「議会での同意採決は必要ない」と考えているのか?

 ー2)議会での同意採決を得ないで、地権者達にこの変更案説明をする事を合法だと
    考えているのか?

A2:市有地の売却にあたっては、条例により、
     一定面積以上の財産処分をする際に、議会の議決をいただく必要がある
  となっております。

   しかしながら、議会同意は処分の際となることから、
     財産処分を前提として地元説明するにあたり、
     議会へ変更案を説明させていただいた
  ものです。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q3:現状でこの変更案に賛成する議員は、
    「緑風クラブの4人」と「公明党の武田議員」
  の計5人のように思えるが、
  それ以外に賛同する議員を見込めているのか?

A3:今後も事業の推進にあたっては、議会の議決をいただく必要がありますので、
  ご理解いただけるよう議会に対して、引き続き、丁寧な説明に努めてまいります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q4:この「変更案」を「まちづくり協議会」で決定して事業推進した場合、
  これまで土地買収に応じた地権者から、
   「話が違う、騙された!」と反発されて裁判提訴される可能性があるが、
  提訴された場合の裁判費用は、
   「議会の同意採決も無し」で、一部の議員と宮本市長とその側近幹部だけで推進し
    た事業変更であっても、

  「宮本市長一派の個人負担」ではなく「市全体の支出」になるのか?

A4:事業の推進にあたっては、引き続き、地権者をはじめ関係者の皆様にご理解いた
  だけるよう、丁寧に説明しご理解を得てまいりますが、
   提訴された場合については、市としての対応となるものと認識しております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q5:この「計画変更」について、宮本市長は、昨年に「五味議員ら緑風クラブ議員」
  や公明党の武田議員」と、何らかの意見交換や意志疎通を図っているはずだがどう
  か。

A5:議員各位におかれましては、日頃から、市政の各般に渡り、予算に関する要望書
  などをはじめ様々な方法で、ご意見などいただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q6:・市の「計画変更のゾーン図面」は、具体的には誰が、いつ作図したか。

A6:幸福町中町まちづくり基本計画での、
   「門真市の顔となる魅力的で質の高い「賑わい交流ゾーン」として様々な都市機能
    の集積・複合化」を図る
  という考え方を変えることなく、
   市場調査を参考に、本年5月にまちづくり部地域整備課で作成をしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q7:6/19(火)の「幸福町垣内町中町まちづくり協議会」で行なわれた
  「説明」、「質疑や意見」、「疑問や異論」、「決定事項や確認事項」について、
   詳しく紹介されたい。

A7:現在作成しており、作成後、改めて記載いたします。

   ※戸田注:↑
    ここの部分は「6/20午後に記載されて戸田に送信される」ものと思っていたが、
    結局「6/21(水)夜にメモのFAX送信」になり、
    それの基づく「6/21(水)夜の6/22本会議答弁原稿の送信」となったため、
    ここの部分の「回答メモ」は存在しない。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q8:市の「変更案」では、
  従来計画にある
    「古川橋駅北側から『門真市では他に無い』広々とした駅前景観で生涯学習複合
     施設が見える」
  という、素晴らしい利点が無くなり、

    「駅そばのちょこっとした広場越しに生涯学習複合施設、その他は商業ビルや
     高層マンション、というありきたりな景観」
  に劣化してしまう。

   地元住民も1中関係者も同意して協力してきた
    「生涯学習複合施設と交流広場の2つの適切な組み合わせで、
     門真市内の駅そばにかつてない素敵な景観を作り、
     シンボルゾーンとして賑わいと交流を生み出す」

  というポリシーを投げ捨てて、
  これによる「賑わい交流産出」の努力をせずに、

   「いつ、何が出来るかさっぱり不明で、何か出来たとしてもいつでも撤退自由な
   『高層共同住宅・商業・サービス等ゾーン』を幸福町・垣内町地区のまちづくり
    計画の主役に祭り上げてしまう」、
  という「本末転倒」をしている。

  この私の批判において、何か間違いがあると思うのなら、具体的に反論されたい。

A8:当該地区は、
    駅前という交通の利便性や人の呼び込みなどの観点から、ポテンシャルは高い
    ものの、民間活力の導入により実現するもの
  であると考えております。

   また、急激な人口減少や、松生町の民間開発など、
    本市のまちづくりに関わる様々な状況の変化は、
    民間市場においても、商業や住宅などの立地を検討する場合に大きく影響する
    もの
  と考えております。

   今回の施設配置イメージの変更案の策定は、
  幸福町・中町まちづくり基本計画の
    「門真市の顔となる魅力的で質の高い「賑わい交流ゾーン」として様々な都市
     機能の集積・複合化」を図る
  という考え方は変えることなく、

   近年の民間市場におけるニーズを把握するために実施した市場調査を参考に取り
  まとめたものであります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i121-115-185-222.s42.a027.ap.plala.or.jp>

86 / 1566 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,302,076
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free