ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
88 / 1566 ツリー ←次へ | 前へ→

第2京阪副道の緑地帯・植樹帯草刈りで出る草以外のゴミは誰が処分? 島頭のりゅうくんのママ 18/1/24(水) 20:09

北大阪維持出張所・門真市土木課・自治会での話し合いありました。 島頭のりゅうくんのママ 18/5/17(木) 16:31
◎5/14の3者協議で戸田が良案提起。協議設定の市と第2京阪の好判断と真摯な姿勢が 戸田 18/5/20(日) 13:33
病院リース契約には公平性の側面も 枚方市民 18/5/29(火) 21:25

北大阪維持出張所・門真市土木課・自治会での話し合いありました。
←back ↑menu ↑top forward→
 島頭のりゅうくんのママ  - 18/5/17(木) 16:31 -
  
本日やっと
北大阪維持出張所・門真市土木課・自治会での
第2京阪の草刈りについての話し合いができました。

1月の草刈り業者のゴミ回収に対するへんな
答弁されるのは立腹さるるのは当たり前だと
申し訳ないと謝罪頂きました。

ゴミ掃除が仕事の範疇かどうか明文化されていない
ゴミがあるよといえば直ぐに対応してくれるそうです。

草刈りは年二回 1回目は6・7・8のいずれか
2回目は10・11・12・1のいずれかに必ずしてくれると
約束頂きました。

偶数月に清掃パトロールもして頂けると約束頂きました。

先に戸田さんが北大阪維持出張所と話をしてくれていたので
スムーズにすすみました。
皆さんありがとうございました。
引用なし
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; SO-04G Build/23.5.B.0.303) AppleWebKit/537....@zaqdb737581.zaq.ne.jp>

◎5/14の3者協議で戸田が良案提起。協議設定の市と第2京阪の好判断と真摯な姿勢が
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 18/5/20(日) 13:33 -
  
 ママさん、5/17の協議で良い結果が出て良かったですね。

 以前に電話でお伝えしたように、自治会・住民との「5/17協議」に向けた「戸田との事前協議」として、5/14(月)に戸田と第2京阪北大阪維持出張所と門真市土木課による
「3者協議」が、戸田の議員控え室で行なわれました。

 第2京阪北大阪維持出張所側は福島所長以下4人、門真市側はまちづくり部土木課の
野崎課長以下3人が出席。
 敷地美化の業者契約の実情を契約書提示の上で説明してもらう中で、以下の事が判明しました。
    ↓↓
 (1) 敷地美化については、「年1回〜2回だけの草刈り作業」と、「重大な要補修ヶ所
   を発見対処するための車両巡回」しかない。
   ▲つまり、「ちょこちょこしたゴミ投棄などへの対策」がそもそも想定されていな
    かった!

 (2) 住民苦情を受けた対策として、草刈り業者との契約内容を目一杯活用して「草刈
  り作業の安全確実を確保するために、現場の小石やゴミは作業前に撤去しておく」事
  を業者に義務づけている。
   ▲しかしこれだけでは「草刈りの時だけ・草刈り対象地だけ」の対処に過ぎない。

 (3)これつまり、第2京阪敷地を「不潔不衛生無様にならないよう適正管理する」とい
  う、「管理者としての絶対的義務を果たす事」への考えと対策が極めて不十分なまま
  に来ている、という事実。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 戸田が何度もクギを刺しておいた事。
 北大阪維持出張所の所長も、これには全面的に同意した。(せざるを得ない) 
  ↓↓↓
■「北大阪維持出張所が管理する面積が広大である事や予算の制約がある事」は、何の言
 い訳にもならないし、そうした「言い訳」を口に出してはならない。
  また「住民の方々の協力も仰ぎたい」という事も言ってはならない。

  なぜならば、第2京阪敷地の管理は「全て第2京阪側が責任を持つべきもの」であっ
 て、住民や地元自治体行政には全く責任が無いのだから。
  そもそも地元の住民・自治会も行政も、やるべき事を一杯抱えているし、やるべき事
 が年々増加する一方で、他人の敷地の管理に労を割く事は出来ない。
  「地元住民のボランティアによる敷地美化」を期待するような発言をしてはならな
 い。

▲草刈り業者の対応が住民に不評を買ったのは、北大阪維持出張所が業者指導が悪かっ
 たからで、責任は北大阪維持出張所にある。

▲「不法投棄ゴミの発見」という同じ事態でも、住民が北大阪維持出張所に不信感を持っ
 ていれば騒動になるが、「通報したらちゃんと対応してくれる」という信頼感を持って
 いれば騒動にはならない。
  要は「北大阪維持出張所が住民から信頼感を持ってもらえる姿勢をちゃんと示してい
 るかどうか」、にかかっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
 こういう事を踏まえて戸田は、「北大阪維持出張所がやるべき事」として、以下の事を発案し提起しました。
  ↓↓↓
★1:少なくとも「住民から苦情が出ている地域」については、「2ヶ月に1回の定期見
  回りをしてゴミ等の回収や(雑草が伸びている場合は)草刈り美化等を行なう」。

 2:それ以外の時でも住民から通報があった場合は至急に対処する。

 3:上記の体制でしばらくやってみて、「やはり毎月実施が必要だ」とか、逆に「3ヶ
   月に1度でもよい」とかの判断になったら、そのように変えていく。

 4:業者には「作業現場では、住民にとっては自分が『北大阪維持出張所の顔』であ
  る」という自覚を持ってもらい、
   自分が即対応できない事については全て「北大阪維持出張所に報告してちゃんと対
  応してもらいますので、少しお待ち下さい」、と説明する事を徹底させる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※※ 実は戸田は、最初は「1ヶ月に1回の巡回対処」を発案したのですが、北大阪維持
  出張所の所長らの表情を見て、「2ヶ月に1回の巡回対処」と「巡回時以外の通報へ
  の早急対処」の2本立てに要求を緩和しました。
   さらには「しばらく実施してみて、場合によっては3ヶ月に1回への変更も可」と
  いう事も追加しました。

   問題の根幹は「北大阪維持出張所が最初から対策しておくべき事を対策していなか
  った」事にあるのは事実ですが、「今までゼロだったものを新たに始めさせる」事へ
  の配慮として、こういう「譲歩」をしました。
   「住民が損をする事」ではなく、「現状よりはずっと改善される事」ですし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆こういう戸田の提起に対して、北大阪維持出張所の「福島克章」所長が真摯に受け入れ
 を明言し、5/17住民説明会でそれを提示する事を約束してくれました。
  (北大阪維持出張所からはほかに「白根昭爾(しょうじ)」管理第3係長と2名)

  それが「5/17の住民説明会」(=北大阪維持出張所・門真市土木課・自治会での第2
 京阪の草刈りについての話し合い)での
  「年2回の草刈り」と「偶数月の清掃パトロール」の実施約束につながったわけで
 す。

 大変良い結果となった事を、戸田としても嬉しく思います。
================================

 振り返って考えてみると、
・「第2京阪北大阪維持出張所」と「門真市のまちづくり部土木課」との2者が、
 「地域で発生した問題について、真剣に解決しようとする姿勢を持っていた。

・その真剣な姿勢があったからこそ、「5/17住民説明会の円満成功に向けた戸田議員との
 3者協議」に北大阪維持出張所が真摯かつ柔軟な姿勢で臨んだ。
  (戸田との協議の直接のきっかけは、戸田が「草刈り評者との契約がどうなっている
   かを北大阪維持出張所に問い質したい」と求めた事になったにせよ)

・2者のそういう真摯な姿勢があったからこそ、「5/14協議」で戸田も適切な解決案を発
 案できたし、実行に際しての摺り合わせもできた。

・・・・と考えます。
 つまり、「北大阪維持出張所と門真市土木課の努力功績」も非常に大だったわけです。

◆そしてその根幹には、いつも書いているように、門真市民が(本件ではママさんが)
 「どういう問題が起こっているのか、住民がどう困っているのかについて、事実に基づ
  いた投稿」を、「ちょいマジ掲示板」にしてくれた事があります。
 
  そして(掲示板ではハンドルネームであっても)戸田への通報者が誰であるのか、
 戸田に対しては実名・住所・電話番号やメールアドレスが明かされているからこそ、
 戸田との情報交換・意見交換がしっかりできて、役所などに強く迫っていく事ができま
す。 

 島頭ママさんや自治会のみなさん、今後もよろしく!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
◆掲示板投稿ではなく、戸田との面談や電話での苦情相談で、最近市と対応している事が
 2つあります。

 1つは、「双葉給食」という学校給食の委託業者が、上野口小学校給食において(半年
間も?!)「給与未払い」という「違法・犯罪行為」をやっていた事が2016年9月に発覚
し、教育委員会からの是正指導を受けてもズルズルと改善をしなくて、余りの酷さに契約停止・別業者への切り替えになるという、
 「門真市の学校給食の歴史で前代未聞の不祥事・犯罪行為が発生していた!」事案。

 ▲それだけなく、こんな前代未聞の不祥事・犯罪行為が発生していたにも拘わらず、教
  育委員会が文教こども委の議員を初めとして議員に対して、事件発覚を知らせず隠ぺ
  いし続けてきた!
   戸田が3月末にたまたまある市民から話を聞いて初めて知った事で、
  4月に教育委員会の満永教育部長に「ここ数年の学校給食での不祥事事例を出してく
  れ」と求めた時に、「元熱血先生で教育委員会職員もやり、はすはな中校長もやって
  戸田も信頼感を持っていた満永教育部長」は、
   「えっ、何かありましたか?」、と見事にすっとぼけたのだった。
   (このすっとぼけぶりに対して戸田は非常に驚いたので記憶が鮮明である)

   その後、戸田が双葉給食事件を市民通報で把握している事を知って、満永教育部長
  は観念して、ちゃんと情報提供をするようにはなったのだが、ここにも「宮本市政は
  アベ政治のミニチュア版だ」、という事が如実に現れている。

  ▲「双葉給食の給与未払い」が進行していたのは園部市政時代だが、発覚した2016
   年9月といえば、宮本市政が8月から始まったばかりの頃である。
    そして「何度指導してもウソをつかれて改善されない」という、さらに酷い事態
   が進んでいるのに、議員に対して情報隠ぺいに徹するという情報隠しが平気で続け
   られた。
    園部市政の時には考えられもしなかった情報隠しである。
  ・・・・この問題は6月議会の文教こども委と本会議で厳しく追及していく。

 もうひとつは、「入院患者に対して日用品のぼったくりリースを強要する病院が増えている事案」である。
 枚方市の病院に転院となった入院患者の家族からの訴えがきっかけで、門真市内の病院でも同様な事案がある事が分かってきた。

 「3ヶ月経ったら転院を求められて行き場を探すのに困る」患者家族にとって、これは
明らかに「優越的地位を悪用したぼったくり」であり、抵抗することがほぼ困難である。

 はっきりと「強制」になっている病院のほかに「任意」をうたっている病院もあるが、本当の所はどうなのか、病院と患者の力関係を考えるとかなり疑わしい部分がある。

 この件については、東市長時代から「消費者の立場に立ってしっかり相談に乗ってくれる」という信頼感を持った門真市の「市民生活部:消費者センター」に相談したら、電話に出た女性職員がやたらと病院都合寄りで、「優越的地位を利用した商取引」という視点が皆無の対応をしたので、これにもびっくり!

 「病院の事に口を出せない」だの「うちには権限が無い」だのばかりで、「毎月2万円3万円の余計な出費を強いられる市民の苦しみ」の事を考えてみようとする姿勢が全く無かった!

 「戸田が長年信頼してきた消費者保護のプロ集団=消費者センターはどこへ行ってしまったのか?」、との嘆きが湧いて仕方がない。

 この問題も6月市議会本会議質問で取り上げる。
 現在、所管する「市民生活部:文化・自治振興課」の丹路課長らと協議を進めている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■ほかに、「門真市の職員」を名乗る人から残業命令の問題について、市が違法行為を
 している、という郵便での通報が2回あって、内部資料的な書類も同封されているが、
 1回めの郵便に書いてあった差出人の氏名も住所も架空のもので、2回目の郵便では
 差出人の記載ゼロだった。

  こういう「通報」は、「市に探りを入れつつ通報者と協議して真実に迫る」という
 事が全く出来ないので対処に困る。
  通報者の「間違った思い込みではないか」という気もするし。

 「(通報者が秘密保持を望む場合は)戸田は通報者の情報は絶対に秘密を守る」という
 事を信じられない人間は、戸田に通報なんか寄こすなよ、そんな対応で戸田を動かそう
 とするなんて、一種の迷惑行為でしかない、・・・と考える。

  この件、どうしたもんかずっと思案中である。優先順位は低いが・・・・。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i114-185-211-17.s42.a027.ap.plala.or.jp>

病院リース契約には公平性の側面も
←back ↑menu ↑top forward→
 枚方市民  - 18/5/29(火) 21:25 -
  
戸田さま

こちら枚方市で当方が把握しているのは数病院ですが、洗濯物や日用品を用意してくれる家族の無い人達にとっては、むしろ公平性の観点で言えば悪い側面ばかりでもないと存じます。
弁当を用意して貰えない学生に給食が公平性をもたらすのと同じ側面だと存じます。

悪い側面としては貧乏人にとって死活問題だと云う事になると存じます。
例えば生保受給者で1ヶ月以上の入院となると、「入院日用品費(22680円+980円(冬加算))(枚方市)」なる項目に生活費が変わりますが、この額からリース代金2万以上を取られると残額は僅か。缶ジュース代も節約です。

家族の有無、所得・資産によって、これの是非は別れるかも知れません。一概に「善」「悪」は決められないと存じます。
引用なし
<Mozilla/5.0 (X11; Linux i686) AppleWebKit/538.1 (KHTML, like Gecko) QupZilla/1...@ah235124.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp>

88 / 1566 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,302,093
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free