ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
136 / 1566 ツリー ←次へ | 前へ→

「トイボックス・ルミエールでの市民企画宣伝阻害事件」とは何だったか、のスレッド 戸田 17/8/12(土) 20:39

●97年:ルミエールは戸田らの小ホール上映会の館内ポスター禁止・ウソ説明の暴挙! 戸田 17/8/13(日) 1:58
▲99年6月議会:ルミエ問題で戸田質問!東市政・瀬戸部長が不誠実極まる答弁で対応! 戸田 17/8/13(日) 9:21

●97年:ルミエールは戸田らの小ホール上映会の館内ポスター禁止・ウソ説明の暴挙!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 17/8/13(日) 1:58 -
  
 戸田が1999年市議選で当選してルミエール問題を追及して改善させる以前の、つまり
「戸田市議誕生以前のルミエールホール」が、いかに低劣で横暴な市民対応をしていたか。
 それはもう、今から考えると「想像を絶する酷さ」、「言語道断の酷さ」だった!

 その実例を、戸田初当選・初議会質問である、「1999年6月議会」での<報告第5号:「財団法人門真市文化振興事業団の経営状況について」>に対する戸田質疑から抜粋して紹介する。

   ※戸田HPでは「12の窓:<5>議会の日程と内容の記録」
      http://www.hige-toda.com/_mado05/mado05_index.htm
       ↓↓↓ 
     1999年6月定例議会
       http://www.hige-toda.com/_mado05/1999/1999-6/index-051.htm
        ↓↓↓
     1、財団法人門真市文化振興事業団(通称ルミエール財団)の経営状況報告に
       ついての質問 (ただし、本番原稿ではなく、質問メモ)
        http://www.hige-toda.com/_mado05/1999/1999-6/situmon1.htm

 「門真市議会HPの議事録検索」からの議会発言記録としては以下の通り。
    ↓↓↓

◆5番(戸田久和君) 5番の戸田久和です。
 通称ルミエール財団の経営状況報告について質問を行います。

 ルミエール財団は、東市長を理事長とし、多額の市の資金を投入し、市民の文化活動の振興、助成のために設置されたものであるにもかかわらず、

 現在までのところ市民に不親切で、ルミエール財団の独善的な管理姿勢のもとで、同財団に私物化されたも同然の不正常な運営状況になっております。

 この状況を正しく把握せず、またはこの実情を知りながら、あえてそれでよしとする姿勢のもとでルミエール財団の経営状況の報告を了承することは、市民からの負託に対する裏切り行為と言わなければならないと思い、以下の点の事実を挙げながら質問を行います。

 まず、市民が大金をはたいて小ホール、大ホールを借りても、その催しについてのポスターを掲示板に一切張らせないという異様な管理を行っております。

 ルミエールホールには館内に4カ所、館外1カ所のポスター掲示板がありますが、ルミエール財団主催の催しのポスターで独占して、いわゆる一般の貸し館事業と称するものについての企画のポスターは使わせないという状況であって、
 まさに「ルミエール財団のルミエール財団によるルミエール財団のための管理運営」
姿勢を貫いております。
  (中略)

 肝心の掲示板にポスターを一切張らせない、4カ所あるところにことごとくルミエール財団の独自事業と称するものの同じポスターを至るところに張っておる。
 そこにあきスペースがあろうが、その企画についてチケットが売り切れ、満員御礼であろうが、一切張らせることはない。こういう姿勢を当初から行っており、驚くべき状況にあります。

 このことは、その企画が市や市教育委員会の後援を受けたものでさえ例外ではなく、
そういう後援を受けるに足る企画であるということへの敬意あるいは尊重のかけらも示そうとはしておりません。
 (中略)

 私自身の経験で申しまして、たしか97年度だったと思いますが、沖縄映画「月桃の花」をここで小ホールを借り切って上映したときに、よもやそういう管理姿勢があるとは知らなかったのですが、気がついてびっくりしたことがあります。

 ここで会館管理者とのトラブルになったわけですけれども、そのときもあくまでこれは規則であるということで突っぱねて、わざわざ市民がこれを借りて、しかも文部省推薦、門真市長後援、門真市教育委員会後援、こういう企画であるにもかかわらず一切ポスターを載せようとしない、耳をかそうとしない。

 あまつさえそのときの管理者は、「これは内規でそのように規定されておる。」
「じゃ、内規を見せてください。」、「見せられない。」
「市会議員に対しても見せられないですか。」
「そうだ、市会議員に対してさえこれは見せないんだ」

 というふうなことを私たち数名の実行委員会の前で再三にわたって言っている。

 この内規にそういう規定があることは事実に反するということ、市会議員に見せないということはあり得ないということは、実は昨日の職員の説明で初めてわかったものですけども、ある意味で言うと、二重にたちが悪い。

 「市会議員にさえも見せない」というふうな虚偽のことを言って高圧的に拒否をする。そういう姿勢が根本的に間違っていると、そのように思います。
 (後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■1995年の「沖縄での米軍のよる少女暴行事件」の翌年1996年に制作された沖縄映画
 「月桃の花」は文部省推薦でもあり、全国各地で市民運動として自主上映されていった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/GAMA_%E6%9C%88%E6%A1%83%E3%81%AE%E8%8A%B1
  http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/20080519_02.html
  http://www.gettounohana.com/story/index.bak

  門真市ルミエール小ホールでの1997年上映会は、そういう全国的沖縄連帯市民運動
 のひとつとして、門真・守口・寝屋川・大東・大阪市などの沖縄や徳之島・奄美などの
 出身者と本土民とが一体となって(後に守口市議になる三浦さんも)上映実行委を作っ
 て上映したもので、

  当日小ホールに溢れるほどの集客となったのは、「ルミエールでの市民映画会として
 前代未聞の壮挙」でもあった!

  しかもこの上映会は「門真市長後援、門真市教育委員会後援の企画」でもあったの
 だ!

▲それにも拘わらず、1997年当時の市直営ルミエールの職員共は、身銭を切って小ホー
 ルを借りている戸田ら市民に対して、「ポスター貼りは禁止だ!」とぬかし、
 戸田らがその根拠を求めると、
  「内規でそのように規定されている」
  「その内規は見せられない」、
  「市会議員に対しても内規は見せない」
 と、
  人をバカにしたウソをヌケヌケとほざき(今の森友・加計問題のそっくりだ!)

  戸田が小ホール前の掲示板に貼ろうとしたら、館長らが「警察を呼ぶぞ!警察を呼
 べ!」、とわめいて敵対したのだ!
  このクソ役人共め!
  
  その時の怒りは今も忘れない! 今思い出しても腸わたが煮えくり返る!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i125-203-27-14.s42.a027.ap.plala.or.jp>

▲99年6月議会:ルミエ問題で戸田質問!東市政・瀬戸部長が不誠実極まる答弁で対応!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 17/8/13(日) 9:21 -
  
 「木で鼻答弁」というのは「木で鼻をくくるような答弁」(=不誠実な答弁)の略語で
ある。
 1999年初に門真市議当選の戸田が当時の東市長の門真市当局からの議会答弁を体験させられて作った。

 以下の「瀬戸晃:市民生活部長」の
  「公正かつ適正な事務として執行をされておるものと存じております。」、
  「業務委託をいたしました後、それは文化振興事業団の事務として処理をされておる
   ということでございます。」
という答弁・再答弁の酷さ(安倍政権の国会答弁そっくり!)は、近年の門真市職員や議員からしたら、
 「昔は戸田にこんな酷い答弁で済ませて(済ませられて)いたのか!」、とビックリ仰天するはずのレベルである。

 そうだよ。「左翼活動家が市議会に乗り込んできた!」と戸田に対して敵意満々の東市政当局は、こんな酷い対応をしたし、
「与党4会派議員達」は「戸田に自由に質問させるな!」という問題意識で「本会議一般質問に時間制限導入(1人20分)」を翌9月議会から強行したり、翌2000年度からは「ルミエールの経営状況報告については質疑させない」というとんでもない決定をしたりした!
 (かつ1999年は9月議会で戸田に問責決議と出席停止懲罰、12月議会では辞職勧告決
  議という大攻撃を行なった!)
   → http://www.hige-toda.com/_mado01/1999/index-013.htm

 そういう状況の中での議会質問・答弁であるし、そういう市当局+与党4会派の擁護を受けてのルミエールホールの愚劣な反市民的運営市政だったのである。
 
◎戸田HPの「1999年6月議会特集」は
     http://www.hige-toda.com/_mado05/1999/1999-6/index-051.htm

 ここで戸田は「13項目にも及ぶ一般質問」(質問だけでも40分!)
        http://www.hige-toda.com/_mado05/1999/1999-6/situmon6.htm
        http://www.hige-toda.com/_mado05/1999/1999-6/situmon2.htm
を組んだ他に、
 「ルミエール財団の経営状況報告」についての質問
        http://www.hige-toda.com/_mado05/1999/1999-6/situmon1.htm
を組んでいる。
 (我ながらすごいパワーだったと思うし、当時の東市政当局の仰天ぶりも想像出来る)

 それでは以下に、門真市議会HPでの「1999年6/11本会議」議事録でルミエールに関する質問と答弁を全文紹介するので、(ルミエール関係者は特に)じっくり味わって欲しい。
     ↓↓↓ (読みやすいように改行や「 」や句読点の追加を一部施した)
===================================

◎市民生活部長(瀬戸晃君)
 ただいま御上程賜りました報告第5号、財団法人門真市文化振興事業団の経営状況につきまして御説明を申し上げます。
 まず、平成11年度の事業計画といたしましては、・・・・
  (中略)
 次に、平成11年度予算でありますが、収支それぞれ3億3215万3000円としております。・・・・
  (中略)
 以上、まことに簡単でございますが、報告第5号、門真市文化振興事業団の経営状況の報告といたします。何とぞよろしく御了承を賜りますようお願いを申し上げます。

○議長(早川孝久君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。5番戸田久和君。

◆5番(戸田久和君) 5番の戸田久和です。
 通称ルミエール財団の経営状況報告について質問を行います。

 ルミエール財団は、東市長を理事長とし、多額の市の資金を投入し、市民の文化活動の振興、助成のために設置されたものであるにもかかわらず、

 現在までのところ市民に不親切で、ルミエール財団の独善的な管理姿勢のもとで、同財団に私物化されたも同然の不正常な運営状況になっております。

 この状況を正しく把握せず、またはこの実情を知りながら、あえてそれでよしとする姿勢のもとでルミエール財団の経営状況の報告を了承することは、市民からの負託に対する裏切り行為と言わなければならないと思い、以下の点の事実を挙げながら質問を行います。

 まず、市民が大金をはたいて小ホール、大ホールを借りても、その催しについてのポスターを掲示板に一切張らせないという異様な管理を行っております。

 ルミエールホールには館内に4カ所、館外1カ所のポスター掲示板がありますが、ルミエール財団主催の催しのポスターで独占して、いわゆる一般の貸し館事業と称するものについての企画のポスターは使わせないという状況であって、
 まさに「ルミエール財団のルミエール財団によるルミエール財団のための管理運営」
姿勢を貫いております。

 通常、私たちがどういう催し物があるか知るのには、例えばルミエールホールにほかのことで行った折にぱっと目をやると、こういうイベントがある、ああなるほどと思うのが多いわけでありますけれども、

 肝心の掲示板にポスターを一切張らせない、4カ所あるところにことごとくルミエール財団の独自事業と称するものの同じポスターを至るところに張っておる。
 そこにあきスペースがあろうが、その企画についてチケットが売り切れ、満員御礼であろうが、一切張らせることはない。
 こういう姿勢を当初から行っており、驚くべき状況にあります。

 このことは、その企画が市や市教育委員会の後援を受けたものでさえ例外ではなく、
そういう後援を受けるに足る企画であるということへの敬意あるいは尊重のかけらも示そうとはしておりません。

 逆につい昨日、戸田のもとへ説明に訪れたルミエールの職員の方も、
「ルミエール財団の独自事業以外は一切区別なくポスターをお断りしております」、というふうに胸を張って、
 つまり「後援であろうが一般の市民の催しであろうが、ルミエール財団のもの以外はひとしくポスターを張らせない」、ということを何かよいことであるかのように胸を張って言っている。

 これぐらいにルミエール財団の職員が財団の独善主義に染められておる、そういう教育を受けておる様子を改めてまざまざと見た次第であります。

 2番目ですけども、またそういう姿勢のもとで、広報に載せるルミエールホールの催し案内にしても、一般市民が通常思うのは、「ホールの案内」とあれば、「今月もしくは来月小ホール、大ホールでこういう催しがあるのか」、というふうに思ってみるわけでありますが、実はこれはルミエール財団の独自事業についてのみ載せておる。

 当然、ルミエール財団はほかの催しについて受け付けを行い、会館を押さえ、その内容等についても熟知しておるわけでありますけれども、あえてそういうことは載せずにルミエール財団のものだけをルミエールホールの今月の催しというふうなもとで載せておる。

 というふうなことで、普通の市民が「今月もしくは来月どういうものがあるんだろう」というふうな興味には全くこたえるものではない。
 逆に裏切っておるものとなっております。

 そして、こういう市民的常識をわきまえない管理姿勢のもとで、当然ながらこれを使用しておる市民の不評を買っており、特によその市の同種会館を利用した経験のある人たちからの不評は、小さからぬものがあります。

 門真市自慢のいわば「門真市の顔」と言える会館でありながら、逆に「門真市の後進性を示す恥部」となってしまっていることを市長初め市当局は正しく認識し、これを改善させる責務があると考えます。

 私自身の経験で申しまして、たしか97年度だったと思いますが、沖縄映画「月桃の花」をここで小ホールを借り切って上映したときに、よもやそういう管理姿勢があるとは知らなかったのですが、気がついてびっくりしたことがあります。

 ここで会館管理者とのトラブルになったわけですけれども、そのときもあくまでこれは規則であるということで突っぱねて、わざわざ市民がこれを借りて、しかも文部省推薦、門真市長後援、門真市教育委員会後援、こういう企画であるにもかかわらず一切ポスターを載せようとしない、耳をかそうとしない。

 あまつさえそのときの管理者は、「これは内規でそのように規定されておる。」
「じゃ、内規を見せてください。」、「見せられない。」
「市会議員に対しても見せられないですか。」
「そうだ、市会議員に対してさえこれは見せないんだ」

 というふうなことを私たち数名の実行委員会の前で再三にわたって言っている。

 この内規にそういう規定があることは事実に反するということ、市会議員に見せないということはあり得ないということは、実は昨日の職員の説明で初めてわかったものですけども、ある意味で言うと、二重にたちが悪い。

 「市会議員にさえも見せない」というふうな虚偽のことを言って高圧的に拒否をする。そういう姿勢が根本的に間違っていると、そのように思います。

 そして、さらにことしの2月、障害者の作業所関係の方々が北河内7市で「春を呼ぶコンサート」というものを大ホールで大々的に行いました。
 大変意義深いものであり、障害者の人、それを支えるボランティアの人がこぞって行う非常によい企画であり、当然ながら北河内7市全体の教育委員会の後援も得ておりますが、
 このような立派な企画でさえ、実は館内にポスター1枚張らせないで平然としておるという実態であります。

 また、今回の企画は、通常ならば守口市のエナジーホールでやっておったのですが、向こうの工事か何かの都合で門真になった。そして、その実行委にかかわった人たちから大きな不評を買っておる。

 「不親切である」、「理解が足りない」、「親切心がおかしいんじゃないか」、「障害者に対するそういう配慮もない」というようなことを買っておるのは耳にしております。
 そういうことで、大きな問題があります。

 こういう事実を踏まえて、市長並びに関係当局への質問を次の事項にわたって行います。全項目について、すべて誠実に答えられるようお願いいたします。

1、ルミエール財団の理事長たる市長、並びに同財団が設置目的に沿って正しく運営され
 ていくことを保証する責任がある関係当局は、同財団が上に挙げたような不正常で市民
 の不評を買っている事実を知っているかどうか。

2、同財団の不正常な状況については、戸田自身の97年だったと思います、96年だっ
 たかもわかりませんが、沖縄映画「月桃の花」上映時のトラブルの報告書提出、並びに
 今般2月の春を呼ぶコンサートでの不評の事実の聞き取り調査やその他の調査を私が行
 う用意がありますが、これらを市が目を通し検討するつもりがあるかどうか、
 伺います。

3、市独自でもルミエールホールの運営実態と問題点の調査を行うべきと考えるが、行う
つもりがあるのかどうか、お答え願います。

4、そもそも同財団の中にルミエールホール管理者や一般職員に対して、文化事業を営む
 者として当然備えておくべき知識や運営ノウハウについての研修費用を組んできたのか
 どうか。今回の報告の予算においては組んでいるのかどうか、お答え願います。

5、もし、組んできたとすればその内容はどのようなものであるのか、お答え願います。

6、現状を見るならば、市民のための文化事業を営む者として必要な知識、運営姿勢、
 ノウハウについて、ルミエールホール管理職と職員に対して研修を施して、現在のルミ
 エール財団による会館私物化状況を改善する必要があると考えるが、市長並びに関係当
 局の見解はどうか。

7、これはお渡しした質問要旨に書き忘れましたが、ルミエールホールの管理職すなわち
 局長、総務部長、事業部長の月額報酬について、幾らであるのか。

 以上7点にわたって誠実な回答をお願いいたします。どうかよろしくお願いします。

○議長(早川孝久君) これより理事者の答弁を求めます。瀬戸市民生活部長。
       〔市民生活部長瀬戸晃君登壇〕

◎市民生活部長(瀬戸晃君)
 お答えを申し上げます。
 門真市民文化会館の運営管理業務について、多くの項目についてお尋ねでございますが、
 御承知のとおり本施設は、条例の定めるところによりましてその管理を財団法人門真市文化振興事業団に委託をいたしておるところでありまして、

 その場合、相手がこの業務を適正に処理できる能力があるかどうかの判断を行いまして、事務を委託いたしておるものでございます。

 お尋ねの点は、事業団そのものの業務でございます。団で公正かつ適正な事務として執行をされておるものと存じております。
 以上でございます。

○議長(早川孝久君) 5番戸田久和君。

◆5番(戸田久和君)
 再質問は2回までということなので、これで最後になってしまいます。
  (※これは「質問は2回まで」の言い間違い)
 今の答えについては、
 こちらがわざわざ文書を出し、各項目について丁寧に分けているにもかかわらず、一切この項目に対して誠実に答えようとしない。
 このような姿勢を厳しく弾劾しておきたいと思います。

 また、市の財政を投入し、市長が理事長に就任しておるこのルミエールホール、しかも市の顔となっておるルミエールホールにおいて、このような問題が起こっていることについて、
 「向こうの財団の運営の問題であるからこちらとしては何とも言えない」というような趣旨の答えをすることは、甚だ不適切であると考えます。

 再質問の機会が2回しかないので、(※これは「1回」の言い間違い)
これで終わらざるを得ませんけれども、先は長いというふうに思っておりますので、今後
とも市民の良識にのっとった運営にきちんと改善されるよう、私も、そして議員諸公も、そして市民の方々も市当局者も努めていかれるよう強く求めて、私の質問といたします。

 今の項目について、なぜ答えないのかについてだけ回答をしてください。

○議長(早川孝久君) 理事者の答弁を求めます。瀬戸市民生活部長。
       〔市民生活部長瀬戸晃君登壇〕

◎市民生活部長(瀬戸晃君)
 業務委託をいたしました後、それは文化振興事業団の事務として処理をされておるということでございます。
 以上でございます。

○議長(早川孝久君) ほかに質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(早川孝久君) 質疑なしと認め、報告第5号を終わります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▲ルミエール側の数々の不適切行為を具体的に挙げているのに、この答弁!
 事前に詳しい質問メモを渡しているのに、この答弁!

■戸田が指摘したように、1999年当時のルミエールホールは、 
   門真市自慢のいわば「門真市の顔」と言える会館でありながら、逆に「門真市の後
   進性を示す恥部」となってしまっていた

 のであり、それでも門真市職員やルミエール職員達は「平気の平左」で居直っていたの
 である。
  そして与党4会派議員達は、こういうルミエールをかばって、「戸田にルミエールを
 追及する議会質問をさせない方策」を出していく有様だった。

◆戸田が1999年に市議当選してルミエール問題をバシバシ追及していなければ、反市民
 で低劣なルミエールの管理運営や門真市の文化行政が、ずっと長く続いていた事だろ
 う。
 (戸田の活動で劇的に改善されたとは言え、2017年になっても「市民企画宣伝阻害」
   が完治していなかったが!)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i125-203-27-14.s42.a027.ap.plala.or.jp>

136 / 1566 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,302,097
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free