ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
164 / 1568 ツリー ←次へ | 前へ→

またも「議員に情報隠ぺい」の「2/1専決処分」事件発生!戸田が回答要求1を送信! 戸田 17/2/7(火) 22:56

△市2/9回答■議員への無通知は課長らの判断、市長に初報告は1/31って信じられる? 戸田 17/2/9(木) 23:38

△市2/9回答■議員への無通知は課長らの判断、市長に初報告は1/31って信じられる?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 17/2/9(木) 23:38 -
  
 市から本日2/9(木)夕刻、回答メールが来たので、その内容を紹介する。

■こんな重要な件を、「市長にも1/31まで知らせなかった」とか、
 「臨時議会あたりに議員に知らせなかったのは課長らの判断だった」とか、
 信じられるかな????
  
  公明党の議員さんはこの回答を信じられますか?
  (緑風クラブ議員は無条件に信じるだろうけど)
    ↓↓↓
===================================
<戸田議員に対する質問の回答について>(2/9(木)16:38)

Q1:「2/1専決処分」について、その中身や「専決処分をしなければならない必要性」
  について、説明されたい。(議員に対して説明している中身を)

A1:
  「2/1専決処分」の内容としましては、28年度予算として計上していた(仮称)市立
 南認定こども園整備事業に対する前払い金を減額し、債務負担行為(28年度〜29年度)
 の限度額を増額するものであります。

  本来、前払金の支払いは、各会計年度の出来高予定額の4割を限度に支払うもので、
 今回の事案では28年度は契約行為のみであり、
 工事実績が無く出来高が発生しないことから、
 28年度の当初予算措置に誤りがあったものであります。

  そのため、入札告示の前に現行の予算を変更するため、補正予算による予算措置が
 必要でありました。

  30年4月の認定こども園開園に向けた当初のスケジュールは、建設工事の一般競争入
 札実施の後、29年第1回定例会において契約議案の議決をいただき、
  29年4月に工事着工、
  工事期間約10ヶ月を経て30年1月の竣工
 を予定しておりましたので、

  今後、入札等を経て、29年3月の第1回定例会において契約議案としての提出が必要
 と考え、臨時議会への議案提出も念頭に進めておりました。

  しかしながら、市及び消防組合の数度の指摘等により設計業者からの発注図書の提出
 が遅れたため、額が確定せず、
  臨時議会での補正予算議案の提出に間に合わなかったもので、
  その後、1月31日に設計業者より建築工事の発注図書(機械・電気を除く建築のみ)
  の提出があり、
  所要額が確定したものの、2月8日の入札告示等の今後のスケジュールを考えると、

 この時点で、一定の判断が必要と考え、
  1月31日に特別職に報告し、
  2月1日での補正予算の専決処分を行ったものであります。

 ※専決処分の詳細な金額については、別紙平成28年度一般会計補正予算第10号の概要を
   参照願います。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q2:本日2/7(火)朝の総合政策部の大矢次長からの電話では、
  「市側に会計処理上のミスがある事が1月に分かったので、それへの対応をしなけれ
   ばならなくなった」
  との事だったが、
   その「会計処理上のミス」の存在を市が知ったのはいつか?
   また、その「知った日」を裏付ける証拠は何か?

A2:
  29年1月6日、営繕住宅課から法務監察課に対する入札発注告示に向けた事前相談
 により、平成28年度予算における前払金の支払いに疑義が生じ、
  関係部署(法務監察課・営繕住宅課・こども政策課・企画課・財政課)で問題を
 共有したものであります。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q3:その「会計処理上のミス」の存在を市が知った以降の、市および事業者の動きに
  ついて、時系列に沿って詳しく述べられたい。

A3:
○1月6日(金)
  「入札発注告示事前相談」 (営繕住宅課➜法務監察課)
 ・法務監察課において、発注告示事前相談の内容に基づく検討した結果、
   平成28年度予算による前払金の支払いに疑義が生じる。

  「関係部署に連絡」(法務監察課➜営繕住宅課➜こども政策課➜企画課➜財政課)
 ・関係部署で前払金規則の解釈、債務負担行為の考え方、繰越明許等、様々な手法を
   検討する。

  「実施設計業者より報告」
 ・営繕住宅課に市建築指導課、守口市門真市消防組合からの指摘事項(壁の耐火性能・
   消防設備の追加(避難ハッチ)等)が報告される。

○1月11日(水)
  「関係部署での会議」(法務監察課、営繕住宅課、こども政策課、財政課)
 ・前払金規則のカッコ書きの適用外、また、当初予算額と債務負担行為及び繰越明許等
   の方法も無理と判断し、補正予算による予算措置が必要となる。

○1月12日(木)
  「関係部署での会議」(法務監察課、営繕住宅課、こども政策課、財政課、企画課)
 ・業者より提出される発注図書(発注図面、積算書)の未完成(発注図書の納品は平成
   28年11月25日まで)により、所要額が把握できないため、
  補正予算として、13日の庁議に間に合わず、臨時会での補正予算議案の提出を断念。

   ただし、今後、業者より発注図書の提出があれば、タイミングによって議会へ補正
  予算議案の提出を検討することとした。

○1月16日(月)
  「実施設計業者より報告」
 ・営繕住宅課に市建築指導課からの指摘事項(建具の耐火性能、非常照明追加、換気
   ダクト追加等)が報告される。

○1月25日(水)
  「実施設計業者より報告」
 ・営繕住宅課に消防組合からの指摘事項(消防設備の非常時の電気設備仕様等)が
   報告される。

○1月31日(火)
   「実施設計業者より提出」
 ・営繕住宅課に発注図書(建築のみ)の提出がある。
  「関係部署との会議」(法務監察課、営繕住宅課、こども政策課、財政課、企画課)
 ・今後のスケジュールから、分離発注しないと工事開始が遅れること、
   また、予算措置がされてないことから、入札告示もできないので、
   債務負担行為を補正するための専決処分が必要と判断する。

○2月1日(水)
 ・補正予算起案(債務負担行為補正等)の専決処分(財政課)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q4:「1月臨時議会のための1/17議運」の時は、この問題について、どういう事が進行
  している状況だったのか、詳しく述べよ。

A4:
 ・営繕住宅課より設計事務所に対し、繰り返しの注意と図書の早期完成を指示し
  ながら調整しているところであります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q5:「1/23〜1/27の1月臨時議会」の時は、この問題について、どういう事が進行
  している状況だったのか、詳しく述べよ。

A5:
 ・引き続き、営繕住宅課より設計事務所に対し、繰り返しの注意と図書の早急の完成
  を指示しながら調整を行い発注図書の早期の完成作業を進めているところでありま
  す。
  なお、1/25に消防署より計画通知申請の審査により追加指摘事項有りと設計事務所
  から報告を受けています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q6:大矢次長の当職への電話説明では、
   「2/1専決処分のための具体金額が確定したのは1/31だった」、
 との事だが、
  「1/31かその近辺に具体金額が確定出来る」とのメドを立てた(メドが立った)のは
 いつか?具体的な日にちを回答されたい。

A6:1月31日 設計業者より営繕住宅課に発注図書(機械・電気を除く建築のみ)の提出
 があったことから、
  建築部分のみの額が確定し、補正予算に係る金額が確定したことから、
 分離発注の目途がたったところであります。

  なお、機械・電気設備工事については、発注図書が届き次第、場合によっては別途
 補正予算の検討を行うこととしたところであります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q7:1月中旬には市がこの「ミス」の存在と「補正予算の新たな組立が必須性」を
  認知していたのに、
   市長が「1/23臨時議会」を召集しておきながら、この事件について議員に全く知
  らせようとしなかった理由は何か?!

A7:
  設計業者からの発注図書が未提出であり、予定金額の算定ができず補正予算として
 まとまっておらず、特別職に報告する段階でなく、
  市長にも報告できていないことから、議員に対しても報告できる状況にありませんで
 した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q8:「1月臨時議会の前やその最中および直後に、この事件を議員に知らせる必要は
  ない」、と判断したのは、
    ・誰が(誰と誰が)、
    ・いつ、
    ・どういう場で、
    ・どういう理由で、 そのように判断したのか?
 
  このような「行政当局としての判断」をして、議員に対して2/7直近まで一言も情
  報を漏らさない、という事態を生じさせたのは、宮本市長以外にはあり得ないと思う
  が、違うか?!

A8:
  Q3への回答1月12日会議のとおりであり、参加しているのは、課長及び課長補佐で
 あります。
  なお、宮本市長に当該事案を最初に報告したのは1月31日であります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q9:宮本市長は、「ミス発覚」から2/7直近に至るまでの間で、
  とりわけ1月臨時議会があったにも拘わらず、
  「議員に対してこのミス事件の存在を伝えない」事について、どういう立場を取った
  のか、具体的に回答されたい。

A9:宮本市長に当該事案を最初に報告したのは1月31日であります。
====================================
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i118-18-158-63.s42.a027.ap.plala.or.jp>

164 / 1568 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,305,410
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free