「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
146 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→

逮捕者の命などどうでもいい、ファシズムの現在! 在特会研究所 12/11/23(金) 1:49
本当は傍聴者全員の「法廷放棄」をしたかった 在特会研究所 12/11/23(金) 15:28
11.13不当逮捕者3人起訴弾劾! 在特会研究所 12/12/4(火) 10:59

逮捕者の命などどうでもいい、ファシズムの現在!
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/11/23(金) 1:49 -
  
私たちは普段この国が「主権在民の立憲民主主義国家」などと思い、安心してきた。
民主主義や権力に左右されない自由、表現の自由など、しっかり保障されているものと思い込んでいた。

だがこの間の、関西・大阪における「汚染ガレキ受入反対」の市民に対する強烈な弾圧と、有無を言わさぬ強権の発動、ムチャクチヤとしか言えない権力の乱用に直面して、やっと私たちは、これら基本的考えの甘さと、権力機構の醜い姿を今更のように思い知らされている。

立法・司法・行政の3権分立(一時はマスメディアが四つ目の権力ともてはやされたことはあったが)それはあくまで建前だけの産物であって、現下のような国家体制危機到来の際には、私たちの周りからたちまち消え去ってしまう「カスミ」でしかなかった。

今日、大阪地方裁判所において、11月13日の大阪市の「ガレキ受入住民説明会」で警察権力の発動によって、強引に有無を言わせず計画的に、現場の行動や発言などに全く関係なしで、デッチアゲ逮捕された4人の市民のなかの、若い女性の「勾留理由開示公判」が開催された。

午後2時半からの開廷前の1時間前くらい前、裁判所に入ろうとすると、どうも様子がおかしい。裁判所内を顔見知り?の私服公安がうろうろしている。

その後、裁判傍聴のための傍聴券の配布が始まる時間となると、私服は姿をくらまし、代わって私たちは傍聴者を上回る位の大量動員の職員に取り囲まれ、傍聴券を受け取った後、私たちはまるで犯罪者のように、ロープの張られた場所に閉じ込められてしまった。

ロープから出ることを一切許さない、トイレにも行かせない、中での傍聴者・支援者同士の資料すら、配ることもさせない。
まだ開廷まで1時間近くあるのに傍聴希望者は、身体の自由を奪われ、表現の自由すらないがしろにされて、裁判所によって「監禁状態」に置かれたのである。

裁判予定の法廷はたった24人しか傍聴席がない狭い604号、傍聴者は目測で60人を超えている、抽選時間に間に合わなかった人も含めれば70〜80人にもなるだろう。
思わず「大きな法廷にしろ」との声を上げても、彼らは全く聞く耳を持たない。

私は幸い抽選に当たり、「三分の一の幸運」に感謝しつつ法廷に入ろうと思ったら、更なる暴力と抑圧が待っていた。それは法廷の前廊下での職員のまさに「権力のカサ」を着た命令指令である。
携帯の使用禁止は仕方ないとしても、傍聴者はトイレにも行くことが出来ない、2度とは入れない、傍聴者の入れ替えも許さない、発言・拍手など意見発表すれば即退廷という警告である。

こんな裁判所の強硬な姿勢はこの間、私が傍聴体験した京都でも、神戸でも、奈良でもなかった。何か異様な上からの指示・命令が出されたのだろうか?
私たち傍聴者は、まさに裁判所によって人間としての一切の権利、自由を奪われたのである。

法廷に入って、それは現実に実施された。
首にスカーフを巻いているだけで即退廷、「スカーフを取ってください」ではない。
裁判長の横暴さに抗議すれば即退廷。

度重なる裁判長の退廷命令連発により多数の席が開いたので「開いたのだから他の傍聴者を座らせろ」と発言しても即退廷、結局車椅子の障がい傍聴者すら「裁判長が退場命令を出したのだから」と職員が4、5人がかりで退廷させられてしまった。

更に恐怖に感じたのは、この裁判長の退廷命令が、単に法廷からの退出だけではなく、裁判所の敷地にいることもダメ、また被告本人を見送るため道路にいることすら許さないとする広域性、強権性を持って運用されていることだ(職員に確認して判明)。

若い横柄な裁判長は、検察の調書が正しいとばかり、弁護士の異議申し立ても聞こうともせず、裁判より外の様子に気をとられたように、薄笑いを浮かべながら「退廷」ばかりを連発していた。

日ごろ私たちが市民・住民の自由や民主主義の守る「最後の砦」と思っていた司法・司法権が、今日まさに、私たちの前で、国家権力としての正体を露にした、私たちを噛み砕き、引き裂いてしまう「強大な牙」としての本質をむき出しにしたのである。

持病に苦しみ、耐えながら「汚染ガレキの受入は絶対出来ない」と身体に鞭打って頑張っていて、今回不当な権力犯罪によって無実での捉われの身となった女性は、証言席で、あえて拘留理由には言及せず、逮捕後の拘置所で人の命すら無視軽視する権力の正体を告発し続けた。
拘留以降、病気のため常用していた薬が勝手に変更され、病院にも行くことも出来ず、専門の医師もいない、苦しんで入院を願っても放置され、もうひとつの持病・アトピーも手当てが出来ずより酷くなって来たという。
病気に苦しむ人にとって、適切な薬が使えないことは深刻なダメージとなる。
彼女は何回も言葉を詰まらせながら、裁判長に訴え続けた。

しかし、権力は無理やり強引に懐に入れた「宝」は、決して逃がさない、一人の女性の命も、人生も、病も、もうお構いなしという事だ。
不当な弾圧の連発によって、「ガレキ受入反対」の運動が抑えられたらいい、運動が沈静化するなら、「人一人の命などどうでもいい」という事である。

これはまさしくあの「ファッシズム」の思想そのものではないか。
そしてナチス・ドイツの経験からも、それに同調・協力する裁判官も同罪である。

私たちはこれら権力犯罪者をけっして許さない。権力は市民の心の底からの怒りを甘く見るなという事だ。

私たちは裁判後、手錠をはめられ護送車に乗せられ、再び拘置所に送られた彼女を、歓声を持って見送った。
私たちは近いうち、必ず生きて彼女を取り戻す、そのことを誓った。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

本当は傍聴者全員の「法廷放棄」をしたかった
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/11/23(金) 15:28 -
  
私も法廷でいろいろと声を出していたが、なぜか裁判長は退廷を命じなかった。
本当はあまりに酷い、裁判長の裁判指揮に「傍聴者全員の法廷放棄」をしたかったのです。

しかし必死に頑張っている彼女と、裁判長に鋭く抵抗している女性弁護士を「暗黒の法廷」に置いてはおけなかった。
公判が終わったあと、「裁判長、あなたはもう一度人生をやり直しなさい」と大声を出したのですが、「はい、そうします」と逃げられてしまった。

Pさんごめん。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

11.13不当逮捕者3人起訴弾劾!
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/12/4(火) 10:59 -
  
12月3日大阪地裁で「11.13此花ガレキ受入住民説明会」不当逮捕者2人の勾留理由開示公判が行なわれた。
傍聴券抽選セレモニーから全て「何か」が変わっていた。何かはやがて明らかとなる。
前回の「司法ファシズム」そのものの、若手裁判官の、それこそこの国の司法制度そのものを内部から破壊するような強硬で力任せの裁判指揮に対し、今回は従来どおりというか
何か雰囲気が変わっていた。

前回裁判所は始めから終わりまで私たち傍聴希望者に、むちゃくちゃな規制を強要したのに、今回は傍聴券抽選もほとんど何も制限なし、ふたつの裁判に対し傍聴抽選は1回だけ、傍聴の途中退場して抽選ハズレの人に交代するもよし、それらをマイクで何回も何回も通告する。
まるで「前回はむちゃくちゃやって済みませんでした、あれは一部の人の手違いでやったことです。大阪地裁はこのように民主的で傍聴のみなさんの便宜を尊重する裁判所です」
と宣伝するかのようだった。
この裁判所の豹変振りに私は思わず「前はなんだったんだ。そんなにころころ変わるな」と大声を出してしまった。

だがこの現象は私たちの司法の不当性への抗議・弾劾が、ある程度頑なな司法権力を動かしたと言えるが、逆に言えば権力は相手を見ながら、自らの都合に合わせ対応していると言うことだ。
私たちが権力の行いに対し、仕方ないとあきらめ沈黙することの、本質的な恐ろしさを垣間見ることが出来たと言うである。

今回私は、残念ながら抽選に当たらず傍聴は出来なかった。
公判で裁判長はやはり傍聴席からの発言に対し、数名の退去命令を出した。
しかし、ふたりの仲間はめげることなく意気軒昂、警察権力を強く弾劾したと言う。
公判の後、私たちは裁判所敷地内に待機し、黒くマスキングされた車によって護送される二人を見送った。

今回の不当逮捕は全く理不尽で正当性のない、まさに「権力犯罪」そのものである。
逮捕現場は住民説明会が行なわれたホールではなく、誰でも入れる複合施設の通路である。
そこで警察権力は、関西の反・脱原発運動、汚染ガレキ受入反対のたたかい、それに連動した大阪市役所抗議テント村などのたたかいを力強く牽引し、また在特会など権力と癒着した勢力の妨害を跳ね除けたたかってきた市民を、あらかじめターゲットに据え、計画的に逮捕したのだ、まさに「権力犯罪」そのものである。
今回の権力犯罪には、警察も、検察も、また司法も、一切何の正当性も持たない。
「権力よ、恥を知れ!」と強く言うのみである。

そして・・・・。
公判の帰り、途中で仲間のガレキ受入反対のビラまきを手伝った後帰宅すると、緊急のメールが送られて来ていた。
なんとたった今、拘留開示公判を受けた二人と、前回受けた女性の3人を、権力は起訴決定したと言う。
昨日の大阪地裁の「何か」の変化は、まさにこのことをあらかじめ知った上での茶番劇だったのだ。
「ファシズムは打倒・粉砕されない限り、決して後には引かない」この「歴史の真実」を大阪地裁はまた見事に演じたのである。
私たちはいかなる権力の恫喝、弾圧、強制にも決して引かない、ただ徹底したたたかいを継続するのみである。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

146 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
868,100
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free